示談のメリット

もしもの時のSOS

交通事故の加害者は示談の方がメリットがある

交通事故の加害者となってしまった場合には、示談によって問題を解決するほうが遥かにメリットがあると言えます。
示談は、裁判所を通さずに話し合いをすることになりますので、手続きを簡易化できるというメリットがあります。
また、話し合いによって決定される慰謝料や損害賠償の金額は、一般的に裁判で請求されることになる金額よりも小さくなるメリットがあるのです。
そのため、加害者となって多くのお金を支払うことが出来ない場合には、まず示談が出来ないかを被害者側と相談することが大切になります。
そして、実はこうした話し合いは被害者側にもメリットがあるのです。
実は、実際の裁判で交通事故の問題を解決する割合と言うのは全体の約1割程度しか存在しません。
これは、裁判になると時間と費用がどうしてもかかってしまうため、長期的な目線で見ると実質的な賠償額が話し合いの方が大きくなることがあるためなのです。
そのため、お互いが納得できる話し合いの解決方法の方が需要が高いのです。

交通事故にあった時の示談は誰がするの?

交通事故を起こすと、まず相手と損害賠償などについて示談することになりますが、当事者同士が直に行うことはほとんどありません。
大抵は、保険会社の担当者や依頼された弁護士がすることになります。
保険会社の場合は原則として担当者が行うことが、保険金支払いの前提として約款で定められていることがほとんどです。
賠償額に納得できない時や、無過失の場合のみ、当事者が示談することができます。
ただしこの場合も、法律のプロである弁護士が行う場合が多いです。
示談は賠償額の算定など、法律的知識が必要とされるため、素人には非常に難しい問題となるからです。
実際、訴訟などに発展した場合は、大変な労力となります。
さて、弁護士を利用する際、保険会社によってはその費用を補償する弁護士特約をオプション契約として販売しているところがあります。
相談や手付金、成功報酬なども考えますと、結構な額になってしまうケースが多いので、契約の際はつけておくと安心できます。

check

佐賀で不用品を処理
http://saga.fuyouhin-kaitori-center.com/
大阪の安値注文住宅
http://www.hana-house.jp/
品川の代行業
http://saison-daiko.com/shinagawaku/

最終更新日:2017/3/2

COPYRIGHT(C)もしもの時のSOSALL RIGHT RESERVED