過失割合

もしもの時のSOS

交通事故の過失割合では、ほとんど8対2が多いです。

事故を起こした原因が相手側しかないという場合でも、8対2や、9対1などの過失割合がほぼなのですがあまり知られた事実ではないかもしれません。
自分は標識を守って運転をしていたけれど、事故の原因となった相手が標識を守らなかった時でも、判断やその時の状況を判断するのに判例タイムズが使われます。
細かく図解や右折、左折、信号、標識など含めた図解です。
事故が起きる時は必ず、相手、自分、歩行者などの第三者の理由が含まれてきますので、公平に判断をしやすいように作られたものです。
事故が起きた時の状況や、事故を起こした関係者からの意見を聞いて過失割合を決めるのに、修正要素があります。
事故現場からの原因だけじゃなく、事故によって身体に起きた怪我なども割合を決める重要な情報となります。
実況身分調書は、長らく保管をされますので、修正要素をするにあたって、交通事故の過失割合を決めるにあたって、実務をする警察や保険業者に必要な書類となります。

交通事故における過失割合の決まり方

交通事故で損害賠償請求権が発生した場合、その額の決定において、基準となるのが過失割合です。
交通事故においてはどちらかが100%悪いというケースはまれで、多くの事故でどちらにも一定の過失が認められることがほとんどです。
一般的に、自動車保険会社の担当者などが示談を行う際、お互いの過失割合を相殺し減額したものが、賠償額となります。
この過失割合は警察や保険会社などが勝手に決めるものではなく、過去の事例から算定基準をまとめた文献があり、ここから似たケースを参考に決められます。
ここに、各ケース特有の事情を加味し、加算減算が行われます。
例えば車同士の場合、居眠りや飲酒などの重過失の場合や、大型車の場合は加算されます。
逆に人対車の場合、13歳未満の子供だったり65歳以上のお年寄りの場合は、減算されます。
ここに挙げたのは一例ですが、その時の当事者の状態、交通事故が起こった場所や夜であるかなどの状況が判断材料となります。

pickup

Last update:2017/3/2

COPYRIGHT(C)もしもの時のSOSALL RIGHT RESERVED