慰謝料

もしもの時のSOS

交通事故で慰謝料を請求する相手は加害者ではない

交通事故に巻き込まれてしまったときには、それによって生じた損害のために慰謝料を請求しなくてはいけません。
では、この慰謝料請求の相手は一体誰になるのでしょうか。
実は、これは加害者ではなく保険会社になるのです。
日本国内の法律では、自動車を購入した人物は後でトラブルが生じたときのために保険に強制的に加入しなくてはいけないようになっています。
この保険のことを自賠責保険と言います。
そして、自賠責保険では補えないような負担のために民間の保険会社に加入することになっているのです。
実際に事故に巻き込まれてしまったときには、加害者がどのような相手であっても自動車を購入している限り保険に入っていることは間違いないため、この保険が適用されることになるのです。
そのため、慰謝料は保険会社の社員と話し合いによって解決しなくてはいけません。
この場合には、当然法律家を同席させることが出来るため、安心して話し合いをする事が出来るのです。

交通事故の慰謝料と損害賠償は一緒に請求できる

交通事故の慰謝料と損害賠償は、一緒に請求することが出来ます。
基本的に、慰謝料請求と損害賠償請求は全く性質が異なるということを知っておかなくてはいけません。
前者に関しては、精神的な損害を賠償する意味合いが強いため、法律的な請求額の上限は存在しないというメリットがあります。
そのため、事故に合ったときには相場を見極めながら請求をする必要があるのです。
反対に、損害賠償と言うのは実際に損害が生じた程度にしか賠償を請求することが出来ません。
これは弁償と同じような意味で、例えば自動車が事故で大破してしまったときには大破してしまった自動車を元通りに戻すことが出来ればそれで良いことになっているのです。
このように、これら二つの請求は法律的にも立ち位置が被ることがありませんので、一度の請求でどちらも請求することが出来ます。
保険会社に対する請求になりますが、同時に請求すると莫大な金額を請求することも出来るため、きちんと専門の法律家と相談することが大切になるのです。

注目サイト

中学生の留学を相談
http://www.nexsis.jp/

2017/3/2 更新

COPYRIGHT(C)もしもの時のSOSALL RIGHT RESERVED